Month: 1月 2017

自分を開放して心が喜ぶことをしてあげたいです。

最近体がとてもだるくて、何もやる気が起きません。軽い頭痛もあるし、集中力もありません。風邪かと思って熱を測ってみたら平熱でした。きっと色々なことが重なってしまったので、心も体も疲れてしまったんだろうなと思います。不安は考えると、考える分だけ大きくなるような気がします。まだ起きていないことを一人で空想して、そして一人で不安になって落ち込んでいます。これの繰り返しで、ここ一週間苦しみました。まだ答えは出ていません。自分では絶対にコントロール出来ない悩みなのです。それだから尚更、悩んでしまうのかも知れません。自分の悩みだとまだ比較的簡単に、解決が出来ると思うのです。でも自分の意思だけでは何ともならない家族の健康面の悩みは、本当に辛いです。しんどそうな姿を見ているだけで心が苦しくなってしまうからです。病人の前では暗くしてはいけないと思い、無理に明るく振舞ってしまうのも、心がクタクタに疲れてしまう原因なんだと思いました。この先数日間は、自分を開放して心が喜ぶことをしてあげたいと思います。http://www.kazuya-aomori.com/entry4.html

人間の尽力による地球状態の改革に関しまして演習

境遇にあたって教育しました。大都市では大量の情熱が照射されている片方、舗装や植物の減少による蒸発体積の衰え、大気汚染物質による温室効能などの結果気温が上昇すると考えられています。その結果、近郊では夜間の放散アイシングによる立て直しクラスが地表まで達しますが、都会では上空に立て直しクラスができます。そうして大都市は立て直しクラスの下の温かい空気におおわれてしまいます。こういう空気は立て直しクラスの下にぶち込められているので汚染物質は乱発できず、大量に甘んじることになります。石油や石炭などの化石燃料の支出は、大気中の二酸化炭素濃度を増大させてきました。二酸化炭素の濃度が増加すると大気の温室効能が強くなり、気温が上昇するケー。但し、二酸化炭素が地球うわべをどのように頻度しているのかはまだまだ十分にわかっておらず、大気中に放出された二酸化炭素がどれだけ海洋や動物圏にとり込まれ、どれだけが大気中に残留するのかはっきりしていません。至極勉強になりました。http://www.rentmatch.co/